【特価】 SOURCE 品質満点 ソース ハイドレーション SC-2031160200 コンバーチューブ

SOURCE(ソース) ハイドレーション コンバーチューブ SC-2031160200

SOURCE 品質満点 ソース ハイドレーション SC-2031160200 コンバーチューブ 2150円 SOURCE(ソース) ハイドレーション コンバーチューブ SC-2031160200 文房具・オフィス用品 事務用品 テープ・結束具 クリップ・リング ハイドレーション,コンバーチューブ,/cinerarium1073927.html,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , テープ・結束具 , クリップ・リング,SOURCE(ソース),hartleypharm.com,SC-2031160200,2150円 SOURCE 品質満点 ソース ハイドレーション SC-2031160200 コンバーチューブ 2150円 SOURCE(ソース) ハイドレーション コンバーチューブ SC-2031160200 文房具・オフィス用品 事務用品 テープ・結束具 クリップ・リング ハイドレーション,コンバーチューブ,/cinerarium1073927.html,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , テープ・結束具 , クリップ・リング,SOURCE(ソース),hartleypharm.com,SC-2031160200,2150円

2150円

SOURCE(ソース) ハイドレーション コンバーチューブ SC-2031160200

SOURCE(ソース) ハイドレーション コンバーチューブ SC-2031160200

アタック系ツーリング時に使用。体力消耗を避けるために、リュックからペットボトルを取り出さずに飲める事、南国離島で湿気が高く、キャメルバックでは清掃面に不安があったので、毎回新品ペットボトルを使用できるこちらを購入。思ったよりホースが長かったので、マグネットクリップも後日購入。利点いつでも水分補給。バイク停めて、降りてリュック下ろして取り出して・・・逆手順を経てまた乗る。この手間がないのは絶対的な利点(ハイドレーション自体の利点ですが)。アタック系だとバイク停めるとこにも苦労しますし。吸口のカバーもありがたいです。アタック系だとハマった前走者からの泥土や木屑が飛んできたりしますが、吸口を汚しません。欠点疲れてる時に吸い出すには抵抗が強く、酸欠気味の身体が悲鳴上げます(笑)他の商品を使ったことがないので、比較ができませんが・・・ホース内径の大きさや、蓋の逆止弁(空気入れるが水は出さない弁)の穴径で変わるんじゃないかな。あと、内容量がペットボトル類に依存なので残量にも注意です。快適便利な分、飲みたい時に飲めなかった時の絶望感が大きいです(笑)分解清掃1回目で、吸口の青いゴム?の中の、バネのついてる部品(止水弁?)がポロポロと簡単に取れるようになりました。青いゴムを外して内側も洗って乾かして置きたいのに、1度目の分解でこれでは今後が不安です。
プロのレーシングチームは専用のドリンクシステムを使用するが、当方アマチュアなのでこちらで代用。元々ソースやキャメル等のハイドレーションをアウトドアで愛用してきたので、ドライブ中でも違和感なく使える。150分の真夏レースで水分補給は欠かせないので重宝している。特にキャップ部分にバルブがあり、ボトルが陰圧になりにくく、かつバイトバルブ開放状態でも青いバルブカバーを圧しないと水が出にくく、不用意に漏れにくいので安心して使える。ホース長さも十分で殆どの車種のドリンクホルダーで使用可能と思われる。使用後の洗浄はバイトバルブのゴムカバーを外すとバルブとスプリングが外せるのと、キャップ側のインナーチューブが引き抜くことが出来るのでその状態で行っている。余談だが無論モータースポーツでの使用においてはボトル本体の固定を怠ってはならない。
皆さんお困りの青いシリコン製の逆止弁。不具合があれば、代理店のイワタニプリムスに電話やメールで連絡すれば、正常な逆止弁を無料で送ってもらえます。私もペットボトルに取り付けてテストしてみましたが、プラティパスやハイドラパック等のハイドレーションに比べ、明らかに吸い込めなかったので逆止弁を確認したところ、弁に切れ込みが入っておりませんでした。イワタニプリムスから送ってもらった逆止弁に交換したところ、スムーズに飲むことができるようになりました。
ハイドレーションシステムを利用するのは初めてでバックつきのものと悩んだのですが、以前から使用していたLAKENやナルゲン広口ボトルに接続できるということでこちらの製品を選びました。先日2泊3日で立山に行き試してみましたがペットボトルにも使えましたし、ナルゲンの広口ボトルに立山玉殿の冷たい湧水を入れ気分よく飲むことができました。アダプターはナイロン袋に入れすぐに取り出せるところに入れておいたのも正解でした。チューブほかの清掃にはとりあえず重曹を使用していますが、シーズンオフになったらブラシキットでと考えていますがいい方法がありましたら教えてください。