最大59%オフ ホルスト:組曲 別倉庫からの配送 惑星

ホルスト:組曲「惑星」

最大59%オフ! ホルスト:組曲 惑星 775円 ホルスト:組曲「惑星」 ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 775円 ホルスト:組曲「惑星」 ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 /j/kanbo/kihyo03/gityo/gijutsu_portal/top.html,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,ホルスト:組曲「惑星」,hartleypharm.com,775円 最大59%オフ! ホルスト:組曲 惑星 /j/kanbo/kihyo03/gityo/gijutsu_portal/top.html,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,ホルスト:組曲「惑星」,hartleypharm.com,775円

775円

ホルスト:組曲「惑星」

商品の説明

メディア掲載レビューほか

1977年からモントリオール交響楽団を率いていたシャルル・デュトワが、録音として取り組んだ初めてのイギリス音楽がホルストの大作である≪惑星≫。特殊楽器や女声合唱も含まれるこの大規模な管弦楽作品をシャルル・デュトワは作品の持つスペクタクルな雰囲気を存分に生かしながら、モントリオール交響楽団からしなやかな響きを引き出しており、同作品の名盤のひとつとして、今日までその名を残すことに成功している。 (C)RS


メーカーより

  B092J52CP3
【Amazon.co.jp限定】ホルスト:組曲《惑星》 (SHM-CD)(特典:クラシックロゴ入り ストーンペーパーコースター1枚) ホルスト: 組曲《惑星》 (SHM-CD) ホルスト: 組曲《惑星》/J.ウィリアムズ: 《スター・ウォーズ》組曲(限定盤)(UHQ-CD/MQA) ホルスト:組曲「惑星」 ホルスト: 組曲《惑星》/J.ウィリアムズ: 《スター・ウォーズ》組曲(SHM-CD)
商品仕様 SHM-CD CD UHQ-CD/MQA CD SHM-CD
発売日 2021/7/21 2021/7/21 2020/9/11 2018/12/19 2017/4/26
特典 クラシックロゴ入り ストーンペーパーコースター1枚
ホルスト:組曲「惑星」 ホルスト:組曲「惑星」、エルガー:威風堂々第1番-第5番 ホルスト:組曲「惑星」、R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」 ホルスト:惑星 / ウィリアムズ:スター・ウォーズ
商品仕様 CD CD CD CD
発売日 2016/7/27 2012/9/19 2012/5/9 2001/4/25

ホルスト:組曲「惑星」

ホルスト : 組曲『惑星』シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団モントリオール交響合唱団(女声合唱)1986年6月、モントリオール、聖ユスターシュ教会自分の所持盤はF35L-20085(417 553-2)。。F35は国内最初期発売の番号で、価格も表しているカッコ内は海外盤のオリジナル番号で、このデュトワの惑星は発売当時からのお付き合いであるジャケットのデザインは今でも手に入るImpoet盤と同じ先ずは参考までに、1987年発売当時の帯に書かれたコメントを紹介したい。。。誰もが待ち望んでいた!!華麗極まりない”CD”時代の『惑星』名匠デュトワの棒が冴え渡る。。目前に広がる瑠璃色の宇宙当時はデュトワ&モントリオールが乗りに乗っていた時代で、ロンドン・レーベルの録音の良さを知らせしめる立役者を、ブロムシュテット&サンフランシスコ響と分け合っていたどちらも管弦楽曲の録音を出せば、ことごとくレコ芸と朝日試聴室の特選、または推薦盤になっていた上記の通り、デジタルレコーディングも定着して来た時代であるし、それ相応の演奏技術。。特にデュトワ&モントリオールはずば抜けていたので、華麗極まりない、色彩的な演奏表現にはなっているが、自分としてはこの演奏の1番の特質はその『端正さ』であると思うデュトワは元々フランスものを得意としており、理知的でエレガントな解釈と表現が特徴であるそれは一聴すると少し大人しめに聴こえる程に、真摯さと精緻さを併せ持っている火星や木星に代表される、きらびやかで爆発的なスケール感を押し出したくなるこの曲に関しても、その指揮者の特質は徹頭徹尾貫かれている例えば、ファンの多いカラヤン盤やレヴァイン盤と比較すると、デュトワ盤は火星の演奏時間を短く簡潔に切り上げて、木星はかなり時間をかけてシンフォニックに、弦の主旋律を大切にして謳い上げているあの有名なフレーズの箇所でも、レヴァインはブラスの装飾音を殊更際立たせていることからも、その基本的なコンセプトの違いが解るのであるある程度の年齢を重ねてからこのような演奏を聴くと、やはり指揮者個人の主張よりも、曲の『在り方』に誠実で、その根底にあるものを大切にしている演奏は心地良いし聴き飽きさせない。。。カラヤンの演奏も全体のバランスがいいが、このデュトワ盤は更に落ち着いた、何か本当に魂を宇宙の彼方に開放されたかの様なイメージが彷彿として、総じて美しい『惑星』だと思う
演奏内容については他の方が詳細なレビューを投稿されていますので、私は音質面に関してレビューしたいと思います。このアルバムは1986年の収録ですが、その頃からクラシックではデジタル録音が始まりました。このアルバムもデジタル録音されています。でも始まった頃のデジタル録音はアナログ録音に比べ音質が悪いとの評価がされています。これは当初のAD変換時のビット数やサンプリング周波数がクラシックの音域に対して実力不足だったためではないかと思います。アナログ録音のデジタル化技術もCDが開発された頃は固いとか詰まらない音だとか散々批判されましたから、似たような状況だったものと推測します。ですがこのCD(UCCD-5210 JAN: 4988031158258)はSHM-CDでもあることから、相当な高音質です。もし原盤が優秀なアナログ録音だったとして、これと同等の音質を出すにはSACDの技術であるDSDマスタリングで無いと無理だったでしょう。その位滑らかで小さな音から大きな音に至るまで、何の破綻も無く再生されることに驚きました。ブラインドでSACDだと紹介されたら信じてしまいそうです。演奏はデュトワ/モントリオール交響楽団ですから、外れが殆ど無い上にこの音質、自信を持ってお薦め出来ます。
演奏、録音ともとても良い。聴いていてストレス無し。
Féminin:「惑星」って実演で聴いたことある?Masculin:残念ながらありません…。F:やっぱりね。貴方がなければ私もないわ。そもそもあんまり演奏会にかからないでしょう?M:そうですね。やっぱりオルガンも含む大編成だし特殊楽器も多いし出番の短い女声合唱も必要だし、労多くして報われないんでしょ?特に外来オケでは。たまたま少し前にコーラスで実演に参加した女性から話を聞いたんですけど、舞台裏だから副指揮者が必要だし、それでも合わせるのに一苦労だったって。ラストのほんの数分間のために…。F:そもそも60年も前にカラヤンがウィーン・フィルとデッカに録音したのがきっかけだったのよね、スペクタキュラーとして持て囃されたのは…。M:その通りですね。それまでは初演者のサー・エイドリアン・ボールトと下手物好きじゃなかった進取の気性に富んだストコフスキーくらいのもんで、手を付けたのは。F:で、どうしてカラヤンが録音したのかしら?英国音楽もほとんどやらなかったのに…。M:まああくまでも想像ですけど、デッカの辣腕プロデューサーのジョン・カルショウが上手くカラヤンを言いくるめたんでしょ、「ステレオ時代が到来して、ウチ自慢の仕掛け「ffrr(full-frequency range recording)」の優秀録音で録れば沢山売れること請け合いですぜ、旦那!」なんて…。F:何か見て来たみたいだわ(笑)。でもありそうな話ね。で、その後は各レコード会社がこぞって有名指揮者とオケで新録音をリリースしたと…。M:ええ。'69年のアポロ11号の月面着陸で世界的に宇宙への関心が高まったことも追い風になったんでしょうね。ドイツ・グラモフォンはW.スタインバーグ/ボストン響、フィリップスはハイティンク/ロンドン・フィル、CBSはバーンスタイン/NYフィル、EMIはプレヴィン/ロンドン響、そして火付け役だったデッカはメータ/LAフィルで…。F:クラシックも商売になった時代があったのねぇ…。それでこの頃は結局は徒花だった4チャンネル録音も後押ししたんでしょうけど、'80年代になったら今度はデジタル録音でまた新録が続々…。M:満を持してDGがカラヤン/ベルリン・フィルにレヴァイン/シカゴ響、フィリップスはC.デイヴィス/ベルリン・フィル、そしてデッカはこのデュトワというわけです、ふぅ〜。F:何だかお疲れ様…。で。これの評価は?M:うん、数多い「惑星」のレコーディングでも、ユニークな一枚と思いますよ。マゼールがフランス国立管と録音してるけど、フランス系のオケのは意外に少ないんですよね。そもそも英国音楽自体からして。F:そうね、またフランス系の名指揮者もあんまり英国音楽に熱心じゃなかったみたいだし。もっとも昔はビーチャムやバルビローリしか録音してなかったわね、英国ものは…。M:だからフランス風って云うと紋切り型だけど、でもそう形容する他無い色彩豊かな演奏ですね。響きも過度に威圧的でないし、いつもながらのスタイリッシュなデュトワの采配で。すっかり手の内に入ったデッカの録音も言うことなしです。F:何か綺麗にまとめて下さってありがとうございます。デュトワが昔インタビューでカラヤンの新盤より売れたって自慢してたけど、さもありなんてわけね…。

お知らせ

一覧はこちら