Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール 新版 ふるさと納税 過放電保護モジュール 切断スイッチ デジタル低電圧プロテクター 2個

Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール デジタル低電圧プロテクター 切断スイッチ 過放電保護モジュール 2個

7848円 Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール デジタル低電圧プロテクター 切断スイッチ 過放電保護モジュール 2個 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 コントローラ Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール 新版 過放電保護モジュール 切断スイッチ デジタル低電圧プロテクター 2個 Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール 新版 過放電保護モジュール 切断スイッチ デジタル低電圧プロテクター 2個 切断スイッチ,hartleypharm.com,デジタル低電圧プロテクター,2個,過放電保護モジュール,/approbative1202008.html,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品 , コントローラ,7848円,DC,12V-36V,Onyehn,電圧保護モジュール 切断スイッチ,hartleypharm.com,デジタル低電圧プロテクター,2個,過放電保護モジュール,/approbative1202008.html,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品 , コントローラ,7848円,DC,12V-36V,Onyehn,電圧保護モジュール 7848円 Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール デジタル低電圧プロテクター 切断スイッチ 過放電保護モジュール 2個 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 コントローラ

7848円

Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール デジタル低電圧プロテクター 切断スイッチ 過放電保護モジュール 2個

商品の説明

使用方法: 新しいバッテリーを初めて使用したとき、定格電圧値は実際の値に近く、放電電圧を停止します。 バッテリーの一般電圧計算方法に応じて、合理的な放電電圧値を得ることができます。 古いバッテリーを使用する場合、実際の電圧値と定格電圧値はかなり異なっているため、実際に使用するときにはストップ電圧値を測定する必要があります。
バッテリー充電は通常、低速充電を使用します (高速充電の電圧と電流は比較的大きく、バッテリーは容易に損傷します)。 低速充電の充電電圧は定格電圧の 1.2 倍で、充電電流はバッテリーの定格容量電流の約 2 / 10 に調整されます。 例えば、6V 50Ahバッテリーの充電電圧は約7.2Vで、充電電流を10Aに調整します。

例えば
12.5V未満で停止、14Vより高い設定で始動:
保護値を設定: 「+」を一度押すと保護値を表示し、「+」をダブルクリックし、小数点が点滅し、「++」 を押して現在値を変更し、12.5に変更します。 3秒間操作がない場合、モジュールは自動的にセーブ amp; 設定モードを終了します。
戻り値の差異を設定: -" を一度押すと戻り値の差異値を表示します。-" をダブルクリックすると、小数点が点滅し、「++-」を押して現在値を変更し、1.5に変更します。 3秒間操作がない場合、モジュールは自動的にセーブ amp; 設定モードを終了します。

----------------------------- トラブルシューティング-----------------------------
トラブル: 10W LEDで3s li-on Packをテストし、ディスプレイを数分間点灯し、モジュールが無効になったら、決して動作しません。
理由: このモジュールは単一のバッテリーにのみ対応し、バッテリーパックにはお使いいただけません。
解決策:単一のバッテリーに接続してください。

Onyehn DC 12V-36V 電圧保護モジュール デジタル低電圧プロテクター 切断スイッチ 過放電保護モジュール 2個

A simple solution to a complex issue,These have worked flawlessly.It should be noted that you do not set the max and min voltage, but rather the min thenHow many volts above the min it will cut back in. Example cut out at 15v, then set "3" cut in will be "18v".
One thing which is not clear is the relay connects the input to the output, so it is not for a connection where the "output" just turns on or off. But you can link the output directly to a big relay.I do need to put it in a nice case though.I'm using it in my F250. While I doubt my personal electronics will kill the battery, I really don't want everything on all the time. With the engine going (including remote start), I get 14.2v. When I shut off it drops to 13.5 then slowly goes to around 12.5. This makes it easy to give a short time until it shuts off, about 5 seconds after the engine shuts off when it hits 13v, but disconnecting that jumps back to 13.4-.5V, so the turn on threshold also helps.I can do electrical engineering, and wiring to use various indicators and run them through, but it is trivial to cut a short 12V plug extension and put this board betweenProgramming is also easy. Press the left button and hold it to set the disconnect voltage, then use the left to go up and right to go down - holding them in will start a fast count up or down. You have to disconnect power to store the value (it will store the current value on the display any time power is off) Then use the right button to set the voltage above the cutoff to turn back on. In my case, I used 13.0 and 0.6 so it shuts off below 13.0v (the display stays on) and turns back on above 13.6v.
It came with no instructions, but, this 'Low Voltage Protector Disconnect Switch' works as advertised. Long press the left button to set cut-off voltage. The right button apparently sets the recovery voltage offset.Example: I set the cutoff voltage for 12.6 and then set the recovery offset for .2. The device would then switch the load off at 12.6V and switch it back on at 12.8V.For SLA batteries, I would recommend a cutoff at 12.0V (25% cycle) and an offset of maybe 1. I used 18 gauge stranded wire which easily fit into the terminal connectors.
The steady state voltage reading fluctuates .5 volt peak to peak. No load.. just measuring the battery.. I would think i had a bad module but they both do it... same amount. 0.5v ptp. Of course the absolute voltage measurement is off by about 0.4 volts between the two... connected to the same battery.. To even expect some usefulness the circuit would have to filter this reading instead of use it directly... it doesnt... the brain apparently uses every measurement to decide whether to disconnect the load... Lead acid do not have the voltage droops that enable a module this inaccurate to be used.... 12.6 is fully charged... and 11.9 is discharged.... .7 volts droop between full charged and discharged. accuracy is a must. I have to send them back.. my use was to keep 12v battery operated surveillance cameras from totally discharging the battery. I need a cutoff at 11.9v and a turn on at 12.4v. (.5v). The solar panels dont get enough light some days to keep the batteries fully up for the night. These devices just toggle all the time with settings like that... cause the voltage reading has .5v noise on it... lead acid Batteries dont have noise in the tenths of volts... in comparison.... my old $2.99 harbor freight multimeter has better voltage accuracy..

新着情報一覧を見る

人気の印刷商品

印刷商品一覧を見る

業種別おススメの印刷商品

プリントアースのおすすめノベルティ!

人気のサービス

納期カレンダー

受付確定日を下記カレンダーよりお選びください。商品のご注文およびデータ入稿は、24時間受付しております。
※オプションをご利用される場合はオプションによって日数が追加となりますのでご注意ください。
※発送日は弊社から商品を出荷する日となります。
※背景グレーの日は休業日となります。
※営業時間 平日 9:00~21:00 土曜 9:00~17:00

プリントアースとは

印刷通販とは、チラシ・ポスター・パンフレット等の印刷物をインターネットを通じて注文して頂き、印刷用の加工されたデータやオフィスデータを送信するだけで、データ通りの印刷物をお届けするサービスです。
通常の印刷システムであれば、営業マンが内容・仕様を伺い、見積もりを提出し、納品まで管理するのが通常のパターンです。印刷会社によって値段のバラつきや品質のバラつきまで、また見積もりを見ても専門的な言葉も多く、適切なのか分からない事がよく起こっているのが、現状ではないでしょうか。
この印刷通販のシステムは、仕様や条件、価格などを全てオープンにすることで、印刷自体をもっと分かりやすく、身近に感じて頂け、注文が非常に簡単にご利用して頂けます。通信販売だからこそ安価で短納期、そして品質も高い印刷物をお届する事が可能になりました。

印刷通販のプリントアースは、創業30年を超える確かな技術で、オフセット印刷で激安チラシ、格安フライヤー、人気の中綴じ冊子、手軽で使いやすい折パンフレット、イベントにもぴったりなポスター印刷など印刷商品全般を送料無料・リーズナブルな価格でご提供します。
また、時代に即した小ロットの印刷に最適なオンデマンド印刷で、名刺、ポストカード、DM、や年賀状など必要な時に必要な部数だけを短納期で、また低価格でご提供しております。もちろん品質とサポート体制は、初めての方にも安心してご利用いただけるように万全の体制を整えております。
印刷関係のプロの方はもちろんのこと、個人・法人を問わず皆さまの印刷コスト削減を提案し続けてまいります。

続きを読む